壁から雨漏りが発生した時の対処法について解説

2021年4月27日更新


「壁から雨漏りが発生した時はどう対処したらいいの?」といった疑問や不安を持っている方も多いのではないでしょうか。
今回は、そんな疑問にお答えして壁から雨漏りが発生した際の対処法を紹介します。

業者に依頼する前に自分でできることがあるのか参考にしてみてください。

 

壁の雨漏りが発生した際にできる対処法

雨漏りの程度にもよりますが、カベの雨漏りは自分で対処できる可能性もあります。
ここでは、壁の雨漏りが発生した際に自分でできる対処法について解説します。

 

コーキング剤を使って自分で補修する

コーキング剤とは、壁の隙間を埋める際に使用する材料のことです。
例えば、壁がひび割れている場合や剥がれている場合は、コーキング剤を使用して補修することができます。
過去にコーキング剤を塗っている箇所がひび割れ、そこから雨漏りしている場合は、コーキング剤を一度剥がし、再度充填するなどしてください。
なお、コーキング剤がひび割れ箇所以外につかないように、マスキングテープを補修箇所の周りに貼っておきましょう。
また、ヘラを使ってコーキング剤をならしておくのもポイントです。
コーキング剤は乾くまで時間がかかるため、施工後に誰かが誤って触らないように注意してください。

 

雨漏りによるシミは拭き取る

雨漏りによって、壁にシミやカビが発生した場合、雑巾を使って拭き取るようにしましょう。
また、カビ取り剤などの使用もおすすめです。
拭き取った後もシミやカビが発生するようなら、業者への依頼を検討してください。
雨漏りをそのまま放置していると、カビが増え建物の強度が弱まる恐れがあるため、早めに対応する必要があります。

 

専門業者を利用する

補修してもすぐに雨漏りする、シミやカビを拭き取ってもすぐに発生する、といった場合は被害がかなり進行している可能性があるため、専門業者に補修を依頼しましょう。
専門業者であれば、雨漏りの原因を的確に把握し、すぐに対処してもらえます。
技術的にも素人が修理するよりも圧倒的に優れているため、すぐに雨漏りが再発するといった可能性も低いでしょう。
また、補修後の仕上がりも綺麗なものとなるため、見た目が悪くなるといった心配もありません。

壁からの雨漏りの原因を知りたい方はコチラの”壁から雨漏りが発生した原因について解説”の記事をご覧ください。

 

壁の雨漏りの対処は専門業者が安心

いかがでしたでしょうか?この記事を読んでいただくことで壁から雨漏りが発生した際の対処法がご理解いただけたと思います。
雨漏りは自分自身で対処することもできますが、素人ではわからない部分まで雨漏りが侵食している可能性もあるため、専門業者の利用を検討してみてください。

 

ホームテックワンでは、雨漏りの点検や修理の作業、お見積りを承っております。”雨漏りの修理をお考えでしたらコチラ“をご覧ください。


東京都中野区の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社HOME TECH ONE
https://hometechone.com/
住所:東京都中野区上高田4-34-5スクエア102

お問い合わせ窓口:0120-667-221
(8:00~20:00 土日祝も対応!)

対応エリア:中野区、杉並区、世田谷区、新宿区、渋谷区、豊島区、練馬区、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://hometechone.com/case/
お客様の声 https://hometechone.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://hometechone.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://hometechone.com/contact/


中野区、杉並区、世田谷区のお客様の声

屋根工事の施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics