屋根に登る際の正しいはしごのかけ方を解説

2021年7月14日更新

屋根の点検やちょっとした修繕などをDIYで行おうとした場合には、基本的にはしごを利用するものでしょう。

普段からはしごを利用していない方がいざ登ろうとすると、意外に恐怖心を抱くことも多くあります。

はしごを使って安全に屋根を昇り降りするためには、正しいはしごのかけ方が重要になるのです。

 

そのためこの記事では、正しいはしごのかけ方について解説します。

はしごを使って屋根に登る予定がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

はしごは平たんな軒先に

はしごをかけるのは、必ず地面と平行になっている軒先にしましょう。

屋根が斜めになっているケラバにかけてしまうと固定することが難しく、横滑りが発生してしまう要因になります。

また、地面も平たんな場所を必ず選ぶようにしましょう。 

設置する場所を誤ると、その時点ですでに転倒や落下のリスクが高まってしまいます。

 

立てかけ角度は75度

はしごを立てかける際の角度は、75度が最適です。 

これ以上に傾斜が90度に近づくと強風が吹いた時やバランスが崩れた際に、後ろに倒れてしまう可能性があります。

その逆に0度に近づいていくと徐々に足場が滑りやすくなり、はしごと一緒に前方向に倒れてしまいやすくなります。

 

「角度は75度」などと聞くと細かすぎるような印象を受けるかもしれませんが、角度が変わることで力のかかり方が変わるため、想像以上に重要な要素なのです。

 

はしごはしっかり固定

はしごはただ屋根に立てかけるだけでなく、しっかりと固定することが大切です。

はしごの先端を木の幹や柱に紐などでしっかりと固定するようにしましょう。 

はしごを固定するメリットは安全性だけでなく、登りやすさの向上にもつながります。

 

また、はしごを押さえる人を用意するのも、効果的でしょう。

ただしその際にはしっかりと声を掛け合い、不必要な事故を避けることが大切です。

 

はしごの上端は60cm以上出す

はしごを立てかけた時の安定感を増すには、立てかけた場所から上に60cm以上はみ出させることが大切です。 

もしこれよりもはみ出した部分が短い場合、少々の揺れでも倒れやすくなってしまうため気をつけましょう。

なお、60cm以上という数値は「労働安全衛生法」という法律で決められているため、プロは必ず守っている数字だと言えます。

 

屋根へのはしごの適切なかけ方を覚えましょう

今回は、屋根へのはしごの適切なかけ方について解説してきました。

安全なはしごのかけ方を理解する材料となりましたでしょうか?

はしごを利用する際の安全性はかけ方によって大きく変わるため、気をつけるようにしましょう。

 

ホームテックワンでは、雨漏りの点検や修理の作業、お見積りを承っております。”雨漏りの修理をお考えでしたらコチラ“をご覧ください。


東京都中野区の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社HOME TECH ONE
https://hometechone.com/
住所:東京都中野区上高田4-34-5スクエア102

お問い合わせ窓口:0120-667-221
(8:00~20:00 土日祝も対応!)

対応エリア:中野区、杉並区、世田谷区、新宿区、渋谷区、豊島区、練馬区、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://hometechone.com/case/
お客様の声 https://hometechone.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://hometechone.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://hometechone.com/contact/


中野区、杉並区、世田谷区のお客様の声

屋根工事の施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics