屋根・外壁現場レポート

     

東京都杉並区 屋根カバー工法(重ね葺き工事)・コーキング工事 破風板廻りのコーキング劣化による雨漏り ブリード現象

2020年10月20日更新

東京都杉並区 屋根カバー工法(重ね葺き工事)・コーキング工事 破風板廻りのコーキング劣化による雨漏り ブリード現象 (7)

東京都杉並区にて、屋根カバー工法(重ね葺き工事)・コーキングの現場です。

 

今回の雨漏りの原因は破風板廻りのコーキングです。

破風板とは、屋根の側面に取り付けられている板の事を指します。

「知っておきたいお住まいの各部位の名前」については、こちらのページです。

 

東京都杉並区 屋根カバー工法(重ね葺き工事)・コーキング工事 破風板廻りのコーキング劣化による雨漏り ブリード現象 (7)

 

このコーキングの状態(くっつけているゴムのような部分)はブリード現象といって、

施工した際に適切なシーリング材を選択していなかった事が原因で、

シーリング材に含まれている可塑剤という成分と、塗料とが反応して劣化し、

シーリング部分が黒く変色し、1~2年で耐久性が落ちてしまう現象です。

 

シーリングは建物を建てる際にできる隙間を埋める防水の役割があります。

しかし、こんなにグニャグニャになって穴だらけなので、

雨水がどんどん侵入し、雨漏りに至ってしまいました。

「下地調整の重要なポイント1 コーキング処理」については、こちらのページです。

 

東京都杉並区 屋根カバー工法(重ね葺き工事)・コーキング工事 破風板廻りのコーキング劣化による雨漏り ブリード現象 (1)

 

破風板と外壁の間に大きな隙間ができています。

コーキングが劣化しても、建物の上にあってあまり気が付きにくい部分ですので、

雨風によって劣化が進行してしまったものと思われます。

 

東京都杉並区 屋根カバー工法(重ね葺き工事)・コーキング工事 破風板廻りのコーキング劣化による雨漏り ブリード現象 (6)

 

東京都杉並区 屋根カバー工法(重ね葺き工事)・コーキング工事 破風板廻りのコーキング劣化による雨漏り ブリード現象 (5)

 

また、破風板は強風や雨から屋根材を守ってくれているのですが、

その役割を果たせない状態のまま何年も経過していたようで、

屋根の劣化も激しい状態でした。

屋根については、次回の現場レポートで!

 

−N−

 

中野区、杉並区、世田谷区、新宿区、渋谷区、豊島区、練馬区で、塗装工事、屋根工事のことなら、ホームテックワンへお気軽にご相談ください。


東京都中野区の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社HOME TECH ONE
https://hometechone.com/
住所:東京都中野区上高田4-34-5スクエア102

お問い合わせ窓口:0120-667-221
(8:00~20:00 土日祝も対応!)

対応エリア:中野区、杉並区、世田谷区、新宿区、渋谷区、豊島区、練馬区、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://hometechone.com/case/
お客様の声 https://hometechone.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://hometechone.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://hometechone.com/contact/


中野区、杉並区、世田谷区のお客様の声

屋根工事の施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics