屋根・外壁現場レポート

     

東京都世田谷区 和形瓦の入母屋造りの玄関上の雨漏り修理

2020年7月24日更新

東京都世田谷区 和形瓦の入母屋造りの玄関上の雨漏り修理 (5)

東京都世田谷区にて、和形瓦の入母屋造りの玄関上の雨漏り修理を行いました!

 

東京都世田谷区 和形瓦の入母屋造りの玄関上の雨漏り修理 (1)

 

「雨漏りがしているので調べてほしい」との連絡をいただき、現場に向かいました。

 

築年数30年の和形瓦(日本瓦)の入母屋、二階建ての化粧垂木造りの純和風のお宅です。

 

入母屋造りとは、切妻(きりづま)造りのように二方へ勾配をもち、

下方は寄棟(よせむね)造りのように四方へ勾配をもつもので、

伝統的な日本家屋に見られる屋根です。

 

伝統や重厚感を感じられるのが、日本瓦と入母屋屋根の組み合わせです。

社寺や仏閣に多く見られます。

 

しかし、切妻屋根と下部寄棟との組み合わせで成り立ってるので、

雨漏りの原因になる接合部が多くあります、

その為、施工する職人は、知識と経験豊富な職人に限ります。

 

屋根に登って雨漏りの原因を調べてみると、

まず目に入ったのは、降り棟(大棟から、屋根のながれに沿い、

軒先に向かって下した棟です。化粧棟とも言われています。)隅棟の下に本谷板金が通ってる所です。

ここに枯れ葉などゴミが詰まってました。

 

ここが詰まってしまうと本谷に集まってきた雨水が流れにくくなり、

台風やゲリラ豪雨などの雨の時はここで水がせきとめられて、

本谷板金から雨水がオーバーフローして下地に流れてしまいます。

 

このままだと掃除してもまたゴミが詰まってしまうので、

降り棟と寄棟とを切り離して本谷を表にだす納めにします。

そうすることでゴミの詰まりもなくなり、雨水の流れもスムーズになりなす。

 

また、本谷板金表面の塗装も経年劣化によりさびもでてきていました。

今にも穴が開きそうな所も見られたので、早めの交換が必要です。

 

そして、大棟と下り棟の接合部の所に隙間が見られました。

ここがあいてしまうと雨水が侵入してしまい、

下り棟の中の屋根土を溶かしてしまう等、屋根土の風化を早めてしまい、

下り棟の崩れにもつながります。

下り棟は常に軒先のほうに力がかかっている状態なので、地震の影響を受けやすい箇所です。

 

屋根瓦は、痛みがみられないのでこのまま使い、

瓦桟木とルーフィングと谷板金の交換、棟の積みなおし工事を提案させていだきました。

 

東京都世田谷区 和形瓦の入母屋造りの玄関上の雨漏り修理 (2)

 

まずは大棟から解体していき、下り棟、隅屋、平瓦とはがしていきます。

はがした屋根材は、下におろさず屋根の上に足場を作り、そこにはがした既存の屋根材を置きます。

 

下り棟の中の屋根土を見て見ると、雨水が侵入した形跡がはっきり見られました。

屋根土が雨水に濡れて土の色が濃くなっていました。

この屋根土が雨水に流されてしまうと、熨斗瓦を屋根土がズレたり、

熨斗瓦が逆勾配になってしまい、棟からの雨漏りの原因にもつながります。

 

東京都世田谷区 和形瓦の入母屋造りの玄関上の雨漏り修理 (3)

 

既存のルーフィングをはがして野地板の状態にしました。

野地板はしっかりとしていたので、変える場所もなくこのまま使います。

現在、野地板と言えば合板がほとんど使われていますが、

野地合板が主流になる前は、杉板を使ったものが大半でした。

杉板とは杉の木を板状にスライスしたものです。

 

昔の瓦は、今の様にサイズや形が均一ではなかったために、

瓦下に雨水が侵入することが頻繁にありました。

その為、乾燥しやすい杉板が野地板に使用されるのが普通でした。

 

東京都世田谷区 和形瓦の入母屋造りの玄関上の雨漏り修理 (4)

 

ここは、本谷板金の出口です。

隅棟と本谷板金が交わってた問題の所です。

雨水が侵入した形跡の跡が下地にはっきりと見られます。

これだけ広範囲に雨水の侵入の跡があるということは、

かなりの量の雨水の侵入があったということです。

それと随分前からの雨漏りがあったと考えられます。

 

ここ周辺の瓦桟木が、雨水により腐ってしまいぼろぼろになってました。

この劣化は経年劣化によっての劣化ではないです。

 

雨水の侵入の怖い事は、知らず知らずのうちに、

下地の劣化を進めてしまい、あっという間に内部の被害につながります。

 

今回はルーフィング「防水シート」の痛みが少なく、

雨水の内部の侵入が少なく抑えられたのは、不幸中の幸いでした。

 

東京都世田谷区 和形瓦の入母屋造りの玄関上の雨漏り修理 (5)

 

ルーフィング(防水シート)を敷きます。

今回のように、一部分だけにルーフィングをしく場合、一番注意しなければいけないのは

既存のルーフィングの下に新しいルーフィングを差し込まなければいけません。

 

ルーフィングをしくときは、軒先(屋根の先端)から順に上に敷いていくので、

必ず既存のルーフィングの下に差し込みます。

 

差し込んだ取り合いの所には、上からブチル防水テープを張ります。

 

ルーフィングの次は瓦桟木打ちです。

和瓦の働き幅は、縦235mmなので、235mm間隔で瓦桟木を野地に打ちつけていきます。

 

−N−

 

中野区、杉並区、世田谷区、新宿区、渋谷区、豊島区、練馬区で、塗装工事、屋根工事のことなら、ホームテックワンへお気軽にご相談ください。


東京都中野区の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社HOME TECH ONE
https://hometechone.com/
住所:東京都中野区上高田4-34-5スクエア102

お問い合わせ窓口:0120-667-221
(8:00~20:00 土日祝も対応!)

対応エリア:中野区、杉並区、世田谷区、新宿区、渋谷区、豊島区、練馬区、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://hometechone.com/case/
お客様の声 https://hometechone.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://hometechone.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://hometechone.com/contact/


中野区、杉並区、世田谷区のお客様の声

屋根工事の施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics