スレート屋根を塗装する際の注意点(コロニアル・カラーベスト)

2022年9月26日更新

 

スレート屋根を塗装する前に「築年数」や「屋根の状態」の確認が必須です。

 

築年数と屋根の状態を確認しないまま塗装をすると、

 

・塗膜が剥がれてくる

・屋根自体が破損してしまう

・修繕工事をする必要が出てくる

 

このようなトラブルが起きてしまう恐れがあります・・・。

 

そこで今回は、築年数や屋根の状態の確認など「スレート屋根を塗装する際に注意すべきこと」をお伝えしていきますので、塗装を検討中の方は是非参考にしてみてください!

 

スレート屋根を塗装する際の注意点

スレート屋根を塗装する際には、事前に下記の3つを確認しなければいけません。

 

①築20年以上なら葺き替えがおすすめ

②2000年前後に施工した場合は塗装以外を選択

③縁切りは必ず行う

 

塗装業者の中には「塗装さえすればいい」という悪徳業者もいるので、ある程度自分で知識を入れておくことが大切です。

 

騙されてしまわないよう、確認しなければいけないことを頭に入れて、注意しながら検討を進めましょう!

 

スレート屋根を塗装する際の注意点①築20年以上なら葺き替えがおすすめ

築20年以上または屋根を施工してから20年以上経過しているのなら「葺き替え」がおすすめです。

 

屋根塗装をしても、根本的に「屋根材や下地材の劣化」が進んでいるため、雨漏りや木材の腐敗が起きてしまいます。

 

雨漏りや木材の腐敗が起きた場合、修繕や木材の交換が必要な上に、屋根材の葺き替えも必要です。

 

費用が二重、三重にもかかってしまうので、大きなトラブルが起きる前に、塗装ではなく葺き替えを検討しましょう。

 

1990年代のスレート屋根はアスベストに注意

 

1990年代のスレート屋根には「アスベスト」が含まれている可能性が高く、その場合は「別途処分費用」がかかります。

 

アスベストを含む屋根材は、他のものとは違い、特別な処理が必要です。

 

リフォームを検討する際は、別途処分費用についても事前に確認し、住宅のプロと相談しながら進めていきましょう。

 

 

 

スレート屋根を塗装する際の注意点②2000年前後に施工した場合は塗装以外を選択

 

1990年代に起きた「アスベストの健康被害」をきっかけに、耐久性を高めるために使っていたアスベストを、2000年前後には使わなくなりました。

 

2000年代後半になると耐久性は改善されましたが、2000年前後の製品は耐久性がなく、寿命が15年程のものもあります。

 

そのため、2022年にはすでに寿命を迎えている可能性が高いため、塗装以外のリフォームがおすすめです。

 

屋根塗装を行っても、すぐに修繕工事をする必要が出る可能性もあるので、住宅のプロに点検をしてもらった上で検討していきましょう!

 

 

スレート屋根を塗装する際の注意点③縁切りは必ず行う

スレート屋根の塗装をする際には、必ず「縁切り」の作業が必要です。

 

縁切りというのは、スレート屋根が重なっている部分の隙間を確保するための作業で「タスペーサー」を差し込む方法と、カッターで手作業していく方法があります。

 

塗装業者によって選ぶ方法は異なりますが、スレート屋根の内側から雨水が排出される状態をキープすることが大切です。

 

縁切りをしない悪徳業者に注意

 

屋根は道路からも状態を確認できるので「今すぐ塗装をしないと危険ですよ!」と飛び込みの営業が皆さんの元に訪れるかもしれません。

 

そのような飛び込み営業をしている業者の中には「ただ塗装をするだけ」で、必要な縁切りをしなかったり、高圧洗浄による汚れ落としをしなかったりする悪徳業者がいます。

 

「相場より高い金額」を請求されることもあるので、飛び込み営業とは契約をせず、3〜5社で相見積もりをして、より信頼できる業者へ依頼しましょう!

 

当店では、相見積もりでも喜んで対応いたします。

 

お見積りや点検は無料ですので、気軽にご相談ください!

 

無料見積もり・点検

 

 

スレート屋根の塗装以外のリフォーム方法・選択ポイントまとめ

 

スレート屋根の塗装以外のリフォーム方法は3つです。

 

①部分補修

②カバー工法

③葺き替え

 

塗装を検討する際は「塗装のみ」を検討するよりも、他の方法も含めて検討することで、より適切な方法を選択できます。

 

スレート屋根は「製造時期」によって、寿命が大きく異なる特殊な屋根です。

 

住宅のプロと相談しながら、どの方法がいいのかを決めていきましょう!

 

 

スレート屋根の塗装以外のリフォーム方法①部分補修

 

台風や地震によって「数枚割れてしまった」という場合には、部分補修で対応ができます。

 

しかし、同じものが製造されていなければ、スレート屋根の部分交換は難しいです。

 

建築した時やリフォームをした時の「図面・仕様書・見積書」を確認し、製造がされている商品なのか住宅のプロに確認してもらいましょう。

 

 

スレート屋根の塗装以外のリフォーム方法②カバー工法

 

既存の屋根の上に「新しい屋根材を施工する」のがカバー工法です。

 

・雨漏りが起きていない

・屋根材が大きく割れたり、欠損したりしていない

・築20年またはスレート屋根を施工してから20年経過していない

 

これらに当てはまる場合はカバー工法がリフォームの選択肢として入ります。

 

葺き替えよりも費用を抑えることができますが、雨漏りや屋根材のトラブルが起きている場合は選択することができません。

 

 

スレート屋根の塗装以外のリフォーム方法③葺き替え

 

葺き替えは「屋根材を新しくする」リフォーム方法です。

 

・雨漏りが起きている

・屋根材の寿命が過ぎている(近い)

・築20年またはスレート屋根を施工してから20年経過している

 

これらに当てはまる場合は、下地材や防水シートも含めて新しくする必要があります。

 

カバー工法では交換ができないため、葺き替えを検討しましょう。

 

 

スレート屋根の塗装前にはプロの点検が必須!

 

スレート屋根の塗装前には「プロの点検」が必須です。

 

屋根での点検は高所作業なので、自分で無理に確認しようとするのは、とても危険な作業になります。

 

転落して大怪我を負ってしまわないよう、プロに点検を依頼しましょう。

 

また、プロに見てもらうことで「築年数」や「スレート屋根の劣化状態」を正確に把握できます。

 

適切なリフォーム方法・補修を行うことが、費用の節約にもなるので、塗装を行う前に一度しっかり見てもらうのがおすすめですよ♪

 

スレート屋根の点検について

 

 

中野区のスレート屋根の塗装・リフォームは当店にご相談ください!

 

今回はスレート屋根を塗装する際の注意点についてお伝えしてきました。

 

【塗装する際の注意点】

①築20年以上なら葺き替えがおすすめ

②2000年前後に施工した場合は塗装以外を選択

③縁切りは必ず行う

【塗装以外のリフォーム方法】

①部分補修

②カバー工法

③葺き替え

 

スレート屋根のリフォームをする場合、塗装の他、カバー工法や葺き替えの選択肢を含めながら検討していく必要があります。

 

築年数やスレート屋根の劣化状態によっては「塗装以外のリフォーム方法」を選択したり、塗装をする際は必ず縁切りが必要であったりと、スレート屋根のリフォームは注意すべきことが多いです。

 

住宅のプロに点検を依頼し、細かくチェックしてもらいましょう!

 

当店であれば「無料で」点検が可能です。

 

スレート屋根の無料点検

 

屋根工事の施工事例はこちらで確認できます!

 

スレート屋根の塗装・リフォームを検討中の方は、是非参考にしてみてください。

 

屋根工事の施工事例を見る

 

中野区の雨漏り修理・外壁塗装専門店【株式会社HOME TECH ONE】屋根修理・屋根リフォーム、屋根張り替え、カバー工法他 杉並区、世田谷区他

 

-Ku-

 


東京都中野区・世田谷区の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社HOME TECH ONE
https://hometechone.com/
住所:東京都中野区上高田4-34-5スクエア102

お問い合わせ窓口:0120-500-457
(8:00~20:00 土日祝も対応!)

対応エリア:中野区、杉並区、世田谷区、新宿区、渋谷区、豊島区、練馬区、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://hometechone.com/case/
お客様の声 https://hometechone.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://hometechone.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://hometechone.com/contact/


中野区、杉並区、世田谷区周辺のお客様の声

雨漏り修理・外壁塗装の施工事例

中野区・杉並区・世田谷区など地域密着施工!
ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数
 
     

屋根リフォーム・外壁塗装の現場レポート